無痛インプラント

インプラント治療

インプラント治療

早期発見、早期治療

インプラント(人工歯根)治療法は、歯を抜いた後の顎の骨にインプラントを埋め込み、1カ月~6カ月後、ブリッジや義歯などにする治療法です。この治療法は外科手術をともないますので、患者さんが適応症であるかどうか、全身的な健康状態のチェック、骨の状態など、より精密な検査を必要とします。 歯の抜けたあとに2本の支えとなるインプラントを埋め込みます。次に歯に相当する固定式あるいは可撤式ブリッジをセットして完成します。 手術も、上部構造(ブリッジ等)も、保険外になります。 インプラント治療

インプラントの利点

自分の歯として実感できるため、入れ歯と違い、よく噛むことができます。

インプラントの欠点

下歯槽神経の近くにインプラントが埋入される場合、手術後に、多少の麻痺感が残ることがあります。デメリットを避けるために、上顎洞挙上術及び、下歯槽神経移動術があります。

インプラントのデメリット

ボーンアンカードタイプ【Bone-Anchored Type】

【歯槽骨の喪失が激しい場合】

ピンにより直接骨につける為に、とりはずしは6ケ月に1回程度、歯科医が行ないます。 全く義歯は動きませんので、自分の歯として実感できます。

ボーンアンカードタイプ

オーバーデンチャータイプ【Overdenture Type】

骨量が少なく、多くのインプラントを埋入できないケースに用います。

オーバーデンチャータイプ

治療の進み方

インプラントには1回法と2回法があります。

治療の進み方

CT画像による治療計画

インプラント治療に先立ち、治療を行う顎の骨の状態を詳しく調べ綿密な治療計画を立てる必要があります。 病院でCT検査を行うことによって顎の骨の断面画像を撮影し、歯科医院ではその画像を見ながら治療の計画を立てます。

CT検査

【CT検査】

CT検査(コンピュータ断層撮影)はからだを輪切りの状態(断層画像)で見ることが出来るようにする装置です。断層画像からはからだの臓器の形態、大きさ、位置などを確認することが出来ます。
専用のプログラムによる治療計画

専用のプログラムによる治療計画

歯科医院では、CT検査により得られた画像を、コンピュータを使って、いろいろな方向から見たり、立体画像を作成して検討したり、骨の硬さを調べたりします。(右図) インプラント治療では、このように治療前に、必要な情報を収集し、綿密な治療計画を立てることが重要です。

インプラントと外科手術

骨のない部分に膜(GTR膜)を貼り、自家骨、骨補填材を使用して欠損部分の骨を再生します。

インプラントと外科手術

インプラントのメンテナンス

通常3ケ月~6ケ月に1回、歯科医院においてプロフェッショナルクリーニングを行なってください。 インプラント周囲のスケーリングはプラスチックスケーラーで必ず行ないます。

インプラントのメンテナンス

インプラントの治療事例(1)

  • 治療前上顎

    治療前上顎
  • 治療前下顎

    治療前上顎

インプラントの治療事例(2)

  • 治療後上顎

    治療前上顎
  • 治療後下顎

    治療前上顎

インプラントの治療事例(3)

  • 治療後正面

    治療後正面

インプラントの治療事例(4)

  • 治療前

    治療前レントゲン
  • 治療後

    治療後レントゲン
無痛治療の無痛インプラントのご相談は
お問い合わせ
TEL:047-362-0829

インプラントメール講座

インプラント治療、絶対に失敗しないために知っておくべきこととは?
どんな状態でも治療は可能、最新インプラント治療とは?

  • 第一回
    失敗の原因はドクターに
  • 第二回
    こんな治療は要注意
  • 第三回
    インプラントは無理と言われた人へ
  • 第四回
    最新インプラント技術
  • 第五回
    入れ歯とブリッジ
  • 第六回
    インプラントの価格
  • 第七回
    医療費控除のはなし

絶対に失敗しないインプラントメール講座(全7回)を希望される方は、 こちらからご登録ができます

CONTENTS
  • インプラントの不安にお応えします
  • さかえ歯科クリニックの公式ホームページはこちらをクリニック
TOPへ戻る